ただの記録と記憶

テレビ観てます。ラジオ聴いてます。

おーい!ひろいき村(2015/4/11)


2015年、4月11日(土)
ついに『おーい!ひろいき村』がゴールデンタイム放送されました。

内容は、深夜時代から続く、シンクロ係と、大好評 夢ドミノ係

そんな初回放送を振り返ってみました。

ドミノでニッポンを元気に!
地域コミュニケーション促進課 夢ドミノ係 36時間で7万個のドミノを作る!

有吉「きた!いや、待ってました!楽しみ」

小峠係長「今回も滞りなくしんどかったです」

有吉「こんなに好きな企画は無いよ。毎日観たいもん!帯で観たい!」

狩野「いやいやいや、死んじゃう」

VTRへ

今回のロケ地は「千葉県九十九里浜
以前までの、秩父の山奥ではなくなっていました。

小峠「ついにですね。ひろいき村がゴールデン進出となりました!」

有吉「深夜をね、支えてくれたよ、こいつらが」

アンガ田中「ゴールデンに行くタイプの番組じゃない」

小峠「2015年にゴールデンでドミノ…クレイジーだよ!!」

村人紹介
バイきんぐ小峠、品川庄司庄司智春アンガールズ、我が家・坪倉、谷田部、アルコ&ピース、狩野英孝、アントニー、そして、新しい村人 クロちゃん

クロちゃん「いつも元気なクロちゃんです!ワワワワワー」

有吉「かわいいね〜」


小峠「そして、今回は前回の記録を上回る数に挑戦したいと思います!その数、なんと7万個です」

有吉「楽しみだな〜」

小峠「夢ドミノの最終目標である、ドミノギネス世界記録を到底超えられないです。449万1863個、面積にして東京ドーム1個分くらいなんですよ」


今回のドミノの完成図と担当分け
f:id:tikutaaku:20150411220800j:plain

変わらず、庄司は壁を担当。

ドミノ並べスタート!


平子「俺から見る光景が異様なんすよ。くそハゲがドミノを延々と並べてる」
f:id:tikutaaku:20150411221000j:plain

小峠係長「何でここハゲ2人いるんだよ」

クロちゃん「大体その枠1人だけでしょ」

小峠係長「何でハゲ固めたんだよ」

ドミノ初心者のクロちゃんに、ドミノの基本をレクチャーをする、小峠係長と平子

平子「ほら、これズレてるでしょ。4個目でズレてるよ」

クロちゃん「合わせないといけないんですか?」

平子「ほぼこれと、同列くらいになるべく合わせていかないと」


ナレーション「真面目しか取り柄のない山根、谷田部は、6000個のCDを静かに立て始めた」
f:id:tikutaaku:20150411221405j:plain

有吉「人間、それが1番」


田中「みんなを見るんじゃないよ 。まず自分のペースでやることが大事だから」

酒井「それで間に合うならいいですけど、ちょっと(完成が)見えないですから、マジで」

田中「ドミノって短距離走じゃないから、マラソンだから

有吉「みんな理屈っぽくなってきた」

スタートから揉める田中、酒井



そして、クロちゃんが1発目のミス…

f:id:tikutaaku:20150411222027j:plain
平子「あのね、ドミノは鏡だから、ドミノが曲がってる時は、自分の心が曲がってる時

有吉「うるせーよ」

平子「真っ直ぐの時は、自分の中で調子がいい時。そういうこと考えながら、ドミノに自分を映しながらやっていかないといけないよ」

有吉「長いな、説教が」

平子「斜めったり、曲がったり、これが今のクロちゃんなんだって!鏡なんだって、映してみてみろって、全部出るんだから」

有吉「やれ!さっさと」

小峠係長「一発いっとくか?」

有吉「並べろよ!さっさと」

ナレーション「夢ドミノ係では、気が緩んでいる村人には、係長の判断により、ビンタで気合を入れるのが伝統」

アントニーにビンタされるクロちゃん
f:id:tikutaaku:20150411222516j:plain

クロちゃん「倒したらアンソニーが叩くの!?」
f:id:tikutaaku:20150411222629j:plain

小峠係長「アントニーだよ!なんだよアントニーって!どこの外国人だよ」


連鎖するようにミスをする田中

酒井「だから、言ったじゃないすかー」

田中「まだ全然大丈夫だから、来なくていいから、マジで」

有吉「みんなイベント好きだから。すぐ集まるから」

田中「この時間が無駄だから」

有吉「そうそう」

ナレーション「謝らないという礼儀に反したことは許されない」

有吉「厳しいね〜」

結局、反省が見えないということで、アントニーからビンタ

ナレーション「7万個というプレッシャー、失敗への恐れ、ビンタへの恐怖が…様々な要素が重なり、中々ペースが上がらない」

有吉「ビンタやめりゃいいんだから」



そして、またしても倒すクロちゃん

平子「バカ野郎!」

庄司「触んじゃねぇよ!」

田中「触るな!」

平子「さっきから、どういう時にミスしてる?ペチャクチャペチャクチャ内容のねぇしゃべりをさ、ペラペラペラペラしゃべってる時に、必ず起きてるんじゃないの?」

クロちゃん「いや、内容がないじゃなくて…」

平子「ハッキリしておくけど、これバラエティじゃねぇんだよ!ドキュメントなんだよ!
f:id:tikutaaku:20150411223659j:plain

有吉「バラエティだよ!あいつドキュメント気分でやったんだよ」

平子「芸人にオファーかけてるんじゃねぇんだよ!ドミナーとしてオファーかけられて集まってるんだよ!」

庄司「山根の形見ろよ。あれドミノの形だぞ」
f:id:tikutaaku:20150411223920j:plain

有吉「集まりに参加しないからね」

狩野「1回冷やして来たら頭」

小峠係長「ちょうど中庭みたいなところで正座するか」

有吉「厳しい、やらしてやれよ」

ナレーション「そうこれはバラエティではない、ドキュメンタリー

有吉「いつからそうなっちまったんだ」

ナレーション「笑いを欲しがる雑念を捨てるためにも、正座で精神統一も必要なのだ」
f:id:tikutaaku:20150411224326j:plain

有吉「やらせてやれって」

30分後

クロちゃん「すいません、戻ってきました。ドミノやりたいです」

小峠係長「ドミノやりてえか?」

クロちゃん「ドミノがやりたいです」

小峠係長「もっと大きい声で言ってみろ」

クロちゃん「ドミノがやりたいです!ドミノがやりたいです!」

小峠係長「反省したな。戻れ」


場面は、壁作成の庄司へ

庄司「俺ね、やってる感じね。もうちょっと(高さ)いけるんじゃないかなっていう」

平子「謙虚さを失ってる感じがします」

アントニー「なんか1ブロック終わったらからって、みんな呼ぶのよくわからなかったです」

庄司「何で呼んだかわかる?わかんない?1人だからだよ

一同失笑

庄司「俺は、8時に入って1人なんだよ」

有吉「孤独だよね〜いつも大変なんだよ」



狩野、坪倉、アントニーの作るナイアガラでミスが

狩野「誰?自分で言って」

アントニー「僕、半分。坪倉さん…」

坪倉「やってねぇだろ!ふざけんなよ本当に」

有吉「みんな性格悪いからな」

なぜか笑いを堪えているアントニー

庄司「笑ってんじゃねぇぞコラ!!
f:id:tikutaaku:20150411225152j:plain

有吉「厳しい…泣いてんだろ、泣いてんだよ」

庄司「笑ってんなよマジで!何がおかしいんだよ?」

小峠係長「いや、あれだろ?今、こっち向いた瞬間笑ったから、俺とクロちゃんの並びで笑っただろ」

有吉「しょうがない、笑っちゃうよあれ」



ナレーション「疲れがピークに達したのか、些細な事が大事件へと発展する」

ここからが、今回の見せ場です。

平子「クロちゃんの『わ』に合わせようと思ったら、『わ』のセンスすげえねぇな」

クロちゃん「どういうこと?作ってんじん」

平子「反省することから向上するから、今見てこれでいいなって思ったら、そこで終わりよ」

クロちゃん「いや、でもいいと思うもん。だって思うもん」

平子「じゃあ、いいんじゃない。技術はここでストップ」

有吉「キツイんだよな、平子は」
f:id:tikutaaku:20150411225737j:plain

ここで肩をポンポンする小峠係長

有吉「だはは、ポンポンって」

平子「常に技術を向上させようっていう気概がないと、なんもやってる意味ないよ。失敗するのはいいんだよ、ミスするのはいいんだよ。それなにくそ畜生、次こそはって思うその気持ちが大事だから」

クロちゃん「何でそんなこと言われないといけないのもう!やってんじゃん、みんなと同じように!なんでなん!?なんなん!?俺、頑張ってるじゃん!ほめろよ!ほめろよ!初めてやってるんだから!何でだよ!もう全然楽しくない!もう、いやだ!もうやらない!もうやらない!俺はやらない!」
f:id:tikutaaku:20150411230344j:plain

大爆笑する有吉「泣いてるじゃん」

庄司「どうした?」

クロちゃん「もう帰る!もういいよ!もういいよ!無理だもん!何なんよマジで!

平子「クロちゃん、ドミノが楽しめない楽しめない言ってるけど、言うほど楽しいことじゃないよ。地獄の連続よ」

有吉「まだ言うのか」

平子「地獄の積み重ねよ」

クロちゃん「じゃあ、何でやるの!?」

平子「それだよ、なんでやるの?それ言ったじゃん」

坪倉「最後にわかるから」

クロちゃん「最後なんていつ来るの!

平子「だから、努力の積み重ねでみんなの連帯で」

クロちゃん「でも、何かできてなかったら、罰だって言って、外に出されたり、文句言われたり…

黙って抱きしめる庄司
f:id:tikutaaku:20150411230856j:plain

有吉「庄司!優しいな、庄司は」

クロちゃん「ごめんなさい、ごめんなさい。泣くつもりなんかなかったのに…」

庄司「平子は、ホントかって言ってるかな。伸びる人にしか言わないからね、平子は」

平子「井戸田さんには、絶対言わなかったし」

庄司「みんなで辛い山、越えて行こうよ」

平子「全体でさ、円陣組まない?」

有吉「うるせーんだよ。もう、どうしようもねえな、本当にクロちゃんは」

円陣を組む村人たち、真ん中にはクロちゃん

有吉「感動しねぇんだよ!」

庄司「クロちゃんの言葉についていくから」

クロちゃん「ドミノは自分の映し鏡!ドミノー!
f:id:tikutaaku:20150411231459j:plain

有吉「腹立つわ、ホント。ゴールデン舐めんなよ。あ〜しょうもない、しょうもねぇんだよ。もういい加減にしてよ」




しかし、ついに恐れていたことが…

1人で約7000個を積み上げた庄司だったが…

f:id:tikutaaku:20150411231825j:plain

庄司「ああああああーーー!」

爆笑する有吉「バカ!絶望だな」

庄司「ゴメン…」

有吉「ビンタだな」

スタジオメンバーたち「いやいやいや、厳し過ぎるよ」

庄司「どんな罰でも…」

平子「これがもう崩れてるのが最大限の罰ですよ。これ以上の罰はないです」

庄司「本当に申し訳ない」

倒れたドミノを片付ける一同

庄司「ビンタしてくれよ!アントニー!谷田部!ビンタしてくれ!山根!ビンタしてくれよ!」

山根「無理っすよ」

庄司「ビンタしてくれよ!!
f:id:tikutaaku:20150411232449j:plain

黙々と片付ける一同

庄司「優しいよ、優しいよ。優しいー!優しいよ、みんなーー!

ワイプで泣く手島優
爆笑する有吉

井森美幸「どうやって観ればいいかわからない」

ナレーション「崩してしまった悔しさより、仲間たちに迷惑をかけてしまった自分に腹が立つ」

有吉「どういう感情だ!何回も団結するだけど、失敗するんだよな。どうせ抜くんだろ、すぐお前ら気抜くからな」


7:00 PM
ナレーション「夜7時、ここで村の嫌われ者杉山が仕事を終え、合流」
f:id:tikutaaku:20150411233047j:plain

有吉「またトラブル起こるぞー」


そして、着々と完成していくドミノ

3時間40分で倒した壁を復旧させる庄司

深夜12時を過ぎ、初日はこれにて終了。


そして、2日目
f:id:tikutaaku:20150411233355j:plain


深夜に勝手に倒れたドミノ

それを直そうとするアントニー

しかし、朝イチ早々に被害を拡大させる

ナレーション「12時間かけて完成したナイアガラが、およそ半分崩れてしまった。果たして、夜8時までに復旧出来るのか」
f:id:tikutaaku:20150411233612j:plain

有吉「どういう顔だ!」


10:00 AM

登場したのは、ひろいき村ではお馴染みFUJIWARAの2人

有吉「また小物だ」

ひろいき村での、FUJIWARA好きとしては、嬉しいような嬉しくないような…

ドミノに登場したのは、初回だからと思いたい。


小峠係長「2人に知っておきたいのは、ドミノには、2つの感動がある。まず立てたときの感動、そして、倒したときの感動。それを胸に秘めて、これから作業をして下さい

井森美幸「工場長みたい」


しかし、ここでアンガ田中離脱

原西「何の仕事や?」

田中「ドラマに出ることになって」

庄司「どっちが大事なんだよ、ドラマドミノ

有吉「ドラマだよ!」




1:00 PM

庄司、壁1万個完成!

有吉「すごいね〜壮観だね」

庄司「せっかくいいものを作ってるわけですから、地元の人にいっぱい見てもらおうかなと思って、声掛けに行ってもいいですか?」

ゴールデンだからか、急に『地域コミュニケーション促進課』っぽいことに


田中も合流し、完成に向かってラストスパート

村一番の嫌われ者 杉山「みなさん、立体交差あと1個で終わります」

坪倉「仕切るなって」

村一番の嫌われ者 杉山「報告!」

有吉「揉めるなよ」

藤本「みんなに注目してもらおうみたいな」

村一番の嫌われ者 杉山「みなさん、終わりました!!」

有吉「嫌われ者だな〜あいつは。まあ、自業自得だからな」



そして、ついに残り3分で完成

ドミノ開始から34時間、およそ7万個を並べた14人の村人たち




いざ、披露へ

小峠係長「僕たちとみなさんの夢を乗せて押します!」

もちろんBGMはキセキ

まずは、5000個のナイアガラ
f:id:tikutaaku:20150411235338j:plain

一喜一憂する村人たち

続いては、真面目だけが取り柄の2人が作り上げた6000個のCD
f:id:tikutaaku:20150411235533j:plain

有吉「やっぱ仕事が丁寧だね」

次は、狩野、坪倉が作った1万2000個のさくら
f:id:tikutaaku:20150411235714j:plain

田中、酒井、杉山、藤本らが作った9000個の立体交差
f:id:tikutaaku:20150411235846j:plain

そして、庄司が1人で作り上げた1万個の壁

有吉「緊張するね」

しかし、前々回のように止まってしまう
f:id:tikutaaku:20150412000108j:plain

有吉「わはははは!出たよ、庄司!庄司!バカ!」


小峠、平子、クロちゃんで作り上げた2万個の巨大メッセージ
笑われて 笑われて つよくなる
f:id:tikutaaku:20150412000317j:plain

最後のくす玉には
みんな仲良し
f:id:tikutaaku:20150412000434j:plain

有吉「仲良くやってよ、本当に」


喜ぶメンバーたちの横で、1人立ちすくむ庄司

有吉「庄司!庄司を気遣ってやれよ」


残ったドミノの数が1400個
計6万8600個記録更新

記録更新に喜ぶ村人たち

有吉「(庄司は)そりゃ喜べないわな」

庄司「俺はこの村を出る
前々回と同じセリフ!

有吉「いい、出なくて」

小峠係長「今回のメッセージ。『笑われて 笑われて つよくなる』これわかりますか?太宰治の言葉なんです。意味がわかりますか?」

有吉「平成の金八だね」

小峠係長「失敗して、失敗して、どんどん強くなる。そういったメッセージなんですよ。だから、庄司さん、今回自分で失敗したと思ってるかもしれませんけど、その分あなた強くなってますから。強くなるんですよ!だから、村を出るなてバカな事言っちゃいけません。」



スタジオへ

有吉「止まんないんだけどね、あのドミノ、立体」

小峠係長「だから、会長が壁が止まったことに驚いてました」

井森美幸「確かに、庄司くん残念だったんだけど、ちょっと参加したいって気持ちにすらなるもん」

小峠係長「今のは、それドミノを舐めてます。我々芸人10何人いましたけど、心はひとつですよ、もうドミノやりたくないんですよ

有吉「えぇー」

小峠係長「芸人界で、ドミノのオファーくるの赤紙が来たって言われてる」

有吉「わははは!」

加藤アナ「今後、夢ドミノ係どうしましょうか?」

有吉「見たいしね、スケジュールはどうなってるの?」

加藤アナ「5月にロケ予定になってます」

小峠係長「えぇーー!!」

村人たち「はやいよ!はやい!」


これにて、ゴールデン初回終了。

ゴールデン帯に進出して、どうなるものかと思ってましたが、深夜と変わらない面白さでした。








広告を非表示にする