読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの記録と記憶

テレビ観てます。ラジオ聴いてます。

3月の記録

テレビ お笑い バラエティー
最近、番組情報bot となりつつある、私のツイッター
それ以外にも気になった・面白い発言とかをツイートすることが多いのですが、3月のツイートを見返しておりまして…少し振り返ってみました。

ただの暇つぶしと、復習でございます。






  • 3月初めのツイート、「そんなバカなマン」が継続して良かった。かなり多忙な、バナナマンバカリズムが深夜番組をやっていることに感謝です。





  • 3月2日 「水曜日のダウンタウン」にて、『空手家、日常会話でも押忍ついつい出ちゃう説』



  • 3月4日「くりぃむナンチャラ」じわじわ笑い研究会 久々にハズレの企画かと思いきや、最後に理由が判明。「テレビをナメるな」


  • 3月5日「おーい!ひろいき村」最終回。ゴールデンに進出して、見事に失敗した例。私はいまだに、ダムに沈んだひろいき村から、亡霊の如く、ドミナーたちが蘇ってきてくれることを願っています。


  • ドミノをやる庄司智春は、いつでも熱くて、面白くて、それでいてかっこいい男でした。


  • 3月5日「ざっくりハイタッチ」ざっくり厄払い 様々な神が現れる。


  • 3月5日「さんまのお笑い向上委員会」フルーツポンチ村上の中々的を得たコメント


  • 3月6日「ワイドナショー」他局だが、松本人志による業務連絡




3月8日「そんなバカなマン」パシフィック・ヒム いつか未公開入りのDVDボックスの発売をして欲しい。



  • 3月9日発売「CULTURE Bros.」より まさに完全内輪の最終回でした。







  • 3月12日「正直さんぽ」2人とも嬉しそうで、微笑ましいおじさん達


  • 3月12日「家、ついて行ってイイですか?」良い一般人を見つけてくるだこと


  • 3月12日「内村てらすSP」ハンバーグ師匠ロケが、これから定番になりそうです。文句を言いながらも、誰よりも笑っている内村光良










  • 3月19日「ざっくりハイタッチ」5回目になる鬼越トマホークの喧嘩を止めよう








  • 3月24日「クレイジージャーニー」テレビで観ている視聴者にも伝わってくる、ヤバさと緊張感。すごい放送回。


  • 3月24日 TBSラジオおぎやはぎのメガネびいき」にて、「アルコ&ピースのオールナイトニッポン0」終了を受けて、スタッフを出待ちリスナーがいる有楽町に向かわせ、中継を繋ぐ際にしたコメント。間違ってはいない



  • 3月25日「6人のテレビ局員と1人の千原ジュニア」鑑賞 豪華でした。



  • 3月26日「ざっくりハイタッチ」最終回  「本当に悔しい時、声出ねえよな」という名言が最後に生まれる。


  • ステマをやっていれば、痛みなど感じない




  • 3月27日「欅って、書けない?」ラッセンより、欅坂が好き



  • 3月28日「超入門!落語THE MOVIE」落語を映像化、一見これはダメじゃないかと思っていたが、わかりやすく、面白かった。


  • 3月28日「有吉の壁4」オープニング  春日が壊すのはイス




  • 3月28日「お笑いキャラパレード」アルコ&ピース平子の地上波 平子り。ワールドイズマイン代表取締役 瀬良明正


3月28日 ニッポン放送星野源オールナイトニッポン」裏番組が強いというリスナーからのメールに対しての回答。リスナーとしては、すごく嬉しい発言。



  • 3月30日「マツコ&有吉の怒り新党」総裁秘書 夏目三久の番組卒業。最後のコメント。少し涙ぐむ夏目、優しい言葉をかけるマツコ、しっかり笑いをとる有吉。3人とも、涙を見せずに、終わったのだが、それがすごく良かった。良い意味で、この3人は泣くメンバーではない。泣かなくても、マツコ、有吉の言葉には温かみがありました。






こうやって、ツイートを見ていくと、3月って別れの季節なんだなと、改めて実感いたしました。


テレビ好きと言ってしまうには、おこがましいレベルの私のただの独り言。面白いことを共感したいという気持ちからしているツイートを、沢山の方々にリツイート、お気に入りして頂けているのだなと、このブログを書きながら、感じました。

暇なので、リツイート、お気に入りして下さってる人たちのことは、通知が来るようにしてまして、この人が反応してくれたとか、この人はよくしてくれるとか、しっかりとわかっております。いつもありがたいです。結構、芸能人の方々ってエゴサーチしているんだなってのも感じております。


これからもよろしくお願いいたします。


広告を非表示にする