読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただの記録と記憶

テレビ観てます。ラジオ聴いてます。

11/10「アメトーーク!」読書芸人がオススメした本

 

2016年11月10日放送「アメトーーク!」本屋で読書芸人

f:id:tikutaaku:20161111115632j:image

 

ツイッターでも、内容をツイートしたのですが、出演者たちが紹介された本を自分の記録用にブログにメモ。

 

ゲストは、お馴染みの

ピース又吉直樹、オアシズ光浦靖子、オードリー若林正恭に加え、メイプル超合金カズレーザーが出演。

 

 

今年読んだオススメ

今年読んだ本の中から、各々オススメの5冊を紹介

 

 又吉直樹

村田沙耶香「コンビニ人間」

コンビニ人間

コンビニ人間

 

又吉「これも素晴らしかったてすね」

光浦「文章が読みやすいという、すごくさらさらさらさら入ってくる」

若林「コンビニみたいなところで働いている人が、自分を見つけて、出て行くみたいな話って多かった。でも、コンビニに入って、楽になるってあまりないよね」

 

同じく、光浦靖子若林正恭も選出

 

平野啓一郎「マチネの終わりに」

マチネの終わりに

マチネの終わりに

 

 又吉「天才ギタリストとジャーナリストの女性の恋愛の話なんですけど、ワクワクするというか、これ男同士だったら、コンビ組むやんみたいな。女性同士だったら、小籠包食べに行くやんみたいな。なんかあるじゃないですか?こいつとこいつは合うっていう」

若林「多分、共感すると思いますよ。雨上がりさんの年齢とかで、よけい。好きなんだけど、ブレーキかけなきゃいけないとか」

 

若林正恭も選出

 

本谷有希子異類婚姻譚

異類婚姻譚

異類婚姻譚

 

 又吉「夫婦が徐々に似てくるって話なんだけど、すごく笑えるとこがあったり」

 

島本理生「夏の裁断」

夏の裁断

夏の裁断

 

 池田エライザ「人間臭いですよね〜すごい」

 

⑤上田岳弘「私の恋人」

私の恋人

私の恋人

 

 又吉「これ何回も生まれ変わって、その度にこの人が自分の恋人やって、そっから生まれ変わるたびに、その人を探して…」

 

中村文則「私の消滅」

私の消滅

私の消滅

 

又吉「すっごい!面白いです!ぜひオススメ」

光浦「やめられなくなるよね」

 

 

光浦靖子

村田沙耶香「コンビニ人間」

②金子薫「鳥打ちも夜更けには」

鳥打ちも夜更けには

鳥打ちも夜更けには

 

 光浦「海鳥を打つ、鳥打ちっていう職業が3人いるんだけど、架空の夢のような島で、鳥打ちという架空の仕事があって、鳥を打つことが、1人の男が嫌だって言い始める話なんだけど、世界観すごいのよ!」


③木下良栗「グローバライズ」

グローバライズ

グローバライズ

 

 光浦「これが短編集で、普通に温泉に入っている話なの。会社員の同僚2人が。だけど、最後の1行、2行で、でああーーって全部がひっくり返される」


鹿島田真希「少年聖女」

少年聖女

少年聖女

 

 光浦「これも読んでみて。ピースフルじゃないんだよ」

天久聖一「挫折を経て、猫は丸くなった。

挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集

挫折を経て、猫は丸くなった。: 書き出し小説名作集

 

 光浦「この本がすごい。これ読んでほしい!色んな人の大喜利みたいな。これめっちゃ面白いの。書き出し小説なの、書き出ししか書いてない、架空の小説だよね。書き出しだけを募集して」

 

 

若林正恭
村田沙耶香「コンビニ人間」
平野啓一郎「マチネの終わりに」
角田光代「森に眠る魚」

森に眠る魚 (双葉文庫)

森に眠る魚 (双葉文庫)

 

 若林「ママ友4〜5人くらいのグループ。そのママ友の歯車がだんだんこう噛み合わなくなっていって、それが最終的に大変なことになっていくという」


ミシェル・ウエルベック「服従」

服従

服従

 

 若林「2022年にフランスが、イスラム政権になっちゃうっていう。で、その知識人が急に違うこと言い始めるんだよね。人間の知識とか、哲学がいかにもろいか」


山崎ナオコーラ「美しい距離」

美しい距離

美しい距離

 

 若林「奥さんが病気になっちゃって。それで、病気が出てくる話って、良いところだけを取ってきたりとか、暗くなりがちだけど、でもそのズレに正直に向き合う」

 

 

カズレーザー 
高橋源一郎ジョン・レノン 対 火星人」

 カズレーザー「これはもう、タイトル1発勝負!僕、タイトル1発勝負本が好きで、マジでストーリー一切ないくらいの。全部例えで、何かを暗示しているんですけど、それすらも破綻している。でも、読めちゃう。世界観すごい。結構、人を選ぶんですけど、これオススメ」


フィリップ・K・ディック「高い城の男」

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

 

 カズレーザー「巨匠ですね。SF界の巨匠」


倉知淳「幻獣遁走曲」

幻獣遁走曲 (創元推理文庫)

幻獣遁走曲 (創元推理文庫)

 

 カズレーザー「これは軽いポップなライトなミステリー。これあまり僕紹介したくなかったんですけど、倉知先生ってすげぇ面白いんですけど、全然働かないんですよ。この人、ほとんど本書かない。冷蔵庫が空っぽになるまで仕事しないって言われてる。だから、これで売れちゃうと、また面白いの書かなくなっちゃう。あまり紹介しづらいんですよ」


佐藤雅彦+ユーフラテス「中をそうぞうしてみよ」

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

中を そうぞうしてみよ (かがくのとも絵本)

 

 カズレーザー「これピタゴラスイッチ考えた人の出してる本で、木で出来た椅子の中身って、こうなっているよっていうのが。1回振りがあって、どうなっているんだろう?と想像した後、これ写る。自分の想像力に毎回挑戦されるみたいな」


ショーン・タン「アライバル」

アライバル

アライバル

 

 カズレーザー「これ大人向けの絵本なんですけど、絵がとんでもねぇ緻密。一切文字は出てこないんですけど。もう説明いらない、全員が感動できるくらい、めちゃくちゃ良い本」

 

 

 

 

 

自分の本棚を公開

 

 

 

 

 

 

もし1万円渡したら、どんな本を購入する? 

 本好きにとって憧れの大人買い、なにを選ぶのか?

 

又吉直樹
f:id:tikutaaku:20161111131157p:image

 島田雅彦「虚人の星」
戌井昭人「酔狂市街戦」
筒井康隆「聖痕」
④中井三好「井上井月研究」

 

光浦靖子

f:id:tikutaaku:20161111131614p:image

川上未映子「あこがれ」

高野秀行「謎のアジア納豆」
西加奈子「まく子」
綾辻行人「深泥丘奇談・続々」
三崎亜記メビウス・ファクトリー」
山下澄人「鳥の会議」

 

 若林正恭

f:id:tikutaaku:20161111131807p:image

①崔実「ジニのパズル」
ミシェル・ウエルベック「地図と領土」
③五百田達成 堀田秀吾「特定の人としかうまく付き合えないのは、結局、あなたの心が冷めているからだ」
④蕎麦春秋
窪美澄「よるのふくらみ」

長嶋有「安全な妄想」
⑦日本史人物55人のひみつ
池谷裕二「脳はなにげに不公平 パテカトルの万脳薬」

 

カズレーザー

①ギネス世界記録2017
②スタン・ラウラセンス「贋作王ダリ」
トマス・ピンチョン「V.」

 

 

 

 

 

 

読書芸人大賞2016

読書芸人が今年発行された本の中から、各々、読んでもらいたい2冊をノミネート。その中から、4人の審議で大賞を決定。

 

又吉直樹

尾崎世界観「祐介

祐介

祐介

 

又吉「クリープハイプというバンドのボーカルの尾崎さんが書かれたんですけど、ご本人の本名なんですよ、祐介というのが。自分の体験をもとに書いて、売れないバンドマンが色んな世の中に対して、こう腹立っていることとか、苛立ちとか、焦燥みたいなものを描いていっている」 「すごいオススメの青春小説ですね」

西加奈子「まく子」

f:id:tikutaaku:20161111132847p:image

 

光浦靖子

①木下古栗「グローバライズ」

天久聖一「挫折を経て、猫は丸くなった。」

f:id:tikutaaku:20161111132902p:image

 

若林正恭

平野啓一郎「マチネの終わりに」
②今村夏子「あひる」

文学ムック たべるのがおそい vol.1

文学ムック たべるのがおそい vol.1

 

 若林「これまだムックなんですけど、単行本化されていないんですけど、今村夏子さんの『あひる』っていう。あひるを夫婦が飼い始めるんですよ、小屋で。したら、小学生とかが見に来るようになる。それから、なんかちょっとずつおかしくなっていくんですよね。もうすごくセンスがみずみずしくて、すごい新鮮で、初めておぎやはぎさんの漫才を見た時と同じ気持ちになった。うわ〜すげぇ!なんかおもしれぇみたいな」

f:id:tikutaaku:20161111133325p:image

 

カズレーザー

若竹七海「静かな炎天」

静かな炎天 (文春文庫)

静かな炎天 (文春文庫)

 

 カズレーザー「若竹先生、本当にめちゃくちゃ面白いんですけど、なんかすげぇブレイクしていないのが、ずっともどかしかったので、絶対紹介したかった。女性の探偵モノ。ハードボイルド探偵モノなんですけど、全部の事件の原因が、人間がみんな持っているちょっとした悪意とかなんです」「後味が基本的に悪い。それが癖になる」


平山夢明「ヤギより上、猿より下」

ヤギより上、猿より下

ヤギより上、猿より下

 

 

 

 

 

 

そして、大賞は…

f:id:tikutaaku:20161111133852p:image

 

ノミネート作品全てでした!!

 

 

 

 

 

 

以上が、アメトーーク!「読書芸人」で紹介された全ての本です。

 

どの作品も魅力的で、少しずつでいいから、読んでいこうと思いました。

 

とりあえず、文庫化されるまで待っていたのですが、「コンビニ人間」を買って帰りたいと思います。